#映画

映画『佐々木、イン、マイマイン』

映画「佐々木、イン、マイマイン」を製作しました。
#佐々木コールはTwitterでトレンド入りするなど、若年層を中心に評判が広がり、上映劇場は全国に広がりました。

 

佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木コールが鳴り響く、涙と笑いに包まれる119分!

佐々木本チラシ表.jpg

King Gnu “The hole” のミュージックビデオなどで知られる内山拓也監督。業界大注目の新鋭による長編映画『佐々木、イン、マイマイン』は、俳優・細川岳の高校時代の同級生とのエピソードが原案。出演者オーディションでは、インディペンデント映画として異例の応募総数1,200越えを記録。内山監督の最新作への期待の高さをうかがわせました。

俳優志望の石井悠二を演じるのは、『すじぼり』『his』『のさりの島』の藤原季節。カリスマ的存在だった佐々木を、細川岳がみずから演じます。そのほか、萩原みのり(『お嬢ちゃん』『転がるビー玉』『街の上で』)、遊屋慎太郎(『帝 ーの國』)、森優作(『騙し絵の牙』)、小西桜子(『初恋』)、河合優実(『転がる ビー玉』)、井口理(King Gnu)、鈴木卓爾(『菊とギロチン』)、村上虹郎(『ソワレ』)など、20年代映画界を担う期待の新星から実力派俳優まで幅広いキャストが顔を揃えました。

さらに、撮影に『宮本から君へ』『きみの鳥はうたえる』の四宮秀俊、照明に『きみの鳥はうたえる』『さよならくちびる』の秋山恵二郎、衣裳に『サラバ静寂』の松田稜平、スチールカメラマンに『愛がなんだ』 の木村和平と、日本映画を代表するクリエイターが集結。

佐々木とその仲間たちの過去と現在を通して、観る人すべての心の中にいる“ヒーロー”を甦らせ、青春時代特有のきらめきと、愛おしくも戻らない日々への哀愁をストレートに描き出します。

受賞歴

東京国際映画祭 TOKYOプレミア2020 正式出品

新藤兼人賞 銀賞(内山拓也監督)

ヨコハマ映画祭 新人監督賞(内山拓也監督)

ヨコハマ映画祭 撮影賞(四宮秀俊)

ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(藤原季節・小西桜子)

ヨコハマ映画祭 審査員特別賞(細川岳と「佐々木、イン、マイマイン」)

おおさかシネマフェスティバル 新人男優賞(細川岳)

CREDIT

出演:藤原 季節 細川 岳 萩原 みのり 遊屋 慎太郎 森 優作 小西 桜子 三河 悠冴 河合 優実 井口 理(KingGnu) 鈴木 卓爾 村上 虹郎
監督:内山 拓也
脚本:内山 拓也 細川 岳
撮影:四宮 秀俊
照明:秋山 恵二郎
音楽:小野川 浩幸 
録音:紫藤 佑弥
美術:福島 奈央花
衣裳:松田 稜平
ヘアメイク:藤原 玲子
編集:今井 大介
スチール:木村 和平
助監督:中村 幸貴
制作担当:槇原 啓右 相澤優介
アシスタントプロデューサー:小元 咲貴子 
プロデューサー:汐田 海平
製作:Shake,Tokyo
配給:パルコ
2020/日本/カラー/119分
©「佐々木、イン、マイマイン」